ロイヤルリフォーム千葉

    〒277-0084 千葉県柏市新柏4-7-21

       ご連絡は7時から22時まで承ります

お気軽にお問い合せください

04-7169-4000

暮らしを守る・住まいを魅せる・それが屋根の使命です。

 屋根ふき・葺き替え工事

地震、台風に備えての屋根工事こそ
豊富な経験と技術を求められる
「匠」の仕事

どのような屋根葺き替えにするかは
屋根の症状をきちんと把握した上で
適切な方法すなわち「万全な雨漏り止水工事」が出来る施工方法を選ぶ事が重要です。

特に屋根勾配と素材の選定が大切です。         

屋 根 の 役 割 と は ?

  • 「耐 候 性」
    風雨や日射に対する能力の事で、「軽量化」にかかわらず
  • 施工方法、施工能力に注意する。
  • 「耐 久 性」
    「軽量化」によるメンテナンスの周期は多少短くなるが
  •  容易性・経済性と合わせて
  •  考える
  • 「遮 音 性」
    屋根の形状、建物自体の施工方法などトータルで影響するので「軽量化」とほとんど関係ない
  • 「断 熱 性」
    「遮音性」同様にトータルで
  •  影響するものであるが
  •  屋根材自体の能力にも
  •  違いがある
  • 「安 全 性」
    天災などから建物やそこで暮らす人命を守るという観点からは
  • 「軽量化」に越したことはない
  •  「デザイン」
    「軽量化」を求めるほど
  •  選択の範囲は狭まるが
  •  各社で工夫を凝らしていて
  •  遜色なくなりつつある。
  • 「現状の調査診断・評価 
  •  改修時期と最適な
  •  改修方法を検討する。
     良い業者を選定する。

屋根リフォームの時期

屋根を長持ちさせるには、屋根材に合った定期的な点検や

メンテナンスが必要です。

瓦系屋根材
(A)瓦…メンテナンス(漆喰、締め直し等)を定期的にすれば

何十年も持つ。
(B)セメント瓦(モニエル瓦)

塗料が劣化する為

15~20年に一度塗装する。

スレート系屋根材
7~10年に一度、防水塗装が必要。

20年以上経つと野地板も傷んでくる為。

金属系屋根材
(A)石粒付ガルバリウム金属屋根、

   ガルバリウム金属屋根。
(B)トタン金属屋根…7~10年で塗り替えもしくは葺き替えが必要。

屋根は財産である我が家を守る

大切な役目をしているのです。

屋根材メーカー

お宅の屋根の形状はどれでしょう?

 屋根リフォームは塗装するか?
重ね葺きするか?葺き替えするか?
弊社は完全自社責任施工

「屋根葺き替えで後悔したくない!」
方は、弊社見積りと他社見積りを
是非比較検討をしてみて下さい!

スレート材、コロニアル、カラーベスト
からガルバリウムへの葺き替え

屋根葺き金属屋根材はオベロン

A 撤去する工法:仕上げ材

(日本瓦、カラーベスト

コロニアル)を撤去して新材料を

葺き替える(仕上げ材の撤去費

処理費用)が必要


仕上げ材を撤去する方法(防水シートも撤去。

コンパネは場合による)仕上げ材の撤去

処分費が必要。

平成16年(2004年)以前に建てられた家屋

屋根のスレート材料は石綿(アスベスト)が

使用されているアスベストの処理には

特別な処理が必要で、この処分費用が

必要になります。

B カバー工法:仕上げ材を撤去せずに

  新しい屋根材料をその上に葺く

今ある仕上げ材(スレート材)を撤去

廃棄せず上から新しい屋根材を施工する工法。

なお「瓦・セメント瓦」と「波型スレート」

屋根には施工出来ません。メリットは次の通り。

①材料を撤去する費用が要らない。廃材処理費もかからない。工期も短い。
②非常に軽い金属材料で施工するのが一般的で、屋根の負担が少ない。

(ガルバリウム鋼板

 自然石粒付鋼板などで葺くのが多い)
③屋根が二重になった事で

断熱、遮音の効果が上がる

A・B両工法とも下地材のコンパネや野地板が

腐食・含水して柔らなくなり、釘

ビスが使えない場合、野地板なら

一度腐食してしまったら

元には戻りません。乾いても復活しませんので

この場合は、この仕上げ材が強度を失い

屋根全体が下に沈み込んでしまう為

カバー工法が使えません。この時はコンパネ

野地板、防水シートを全部剝がして

全てやり直す場合があります。

職人の技が活きる!
ロイヤルリフォーム千葉

スレート屋根葺き替え
―屋根材は何がベストか?―

仕上げ材としてスレート葺き替えに使えるのは

ガルバリウム鋼板・ジンカリウム鋼板

(自然石粒付鋼板)トタンなどがあります。

瓦はスレートより重量がありますので

家の強度の理由で使用出来ません。

現在リフォーム市場でスレート

(コロニアル、カラーベスト)の

葺き替え工事で最も使用されているのは

ガルバリウム鋼板です。ガルバリウム鋼板とは、耐食性・耐熱性

加工性などに優れたアルミウムや

亜鉛の合金メッキ鋼板です。

ガルバリウム鋼板が選ばれる理由は
①重量はスレートの7~8分の1

(ガルバリウム3㎏/㎡、スレート20㎏/㎡)で

 軽い。
②耐用年数もメンテナンス不要で、長い。
③製造メーカーも多く、競争が激しく良い製品を各社が積極的に出している。
④製品の種類・付加機能が豊富である。
⑤縦葺き・横葺き・フッ素塗装ものはさらに

耐用年数が長いもの(20年保証)もあります。
⑥信頼性も抜群です。
特に屋根板金加工職人にとって良い屋根材は

信用出来ると思います。

ロイヤルリフォームの得意とする仕事です 
 

ガルバリウム屋根材は

どのメーカーが良いのか?

大手鉄鋼メーカー

4社が製造するガルバリウム鋼板自体に

大きな違いは余りありません。
各メーカーとも差別化をする為に

加工のやり方・塗装・折り曲げ方・販売

断熱材料の挿入・販売チャンネルなどを

変えています。
最近質問のある、ジンカリウム鋼板

自然石粒付鋼板、2つの名前は同じ製品を

指していますが、元々違うものです。

ジンカリウム鋼板やガルバリウム鋼板の上に

表面に細かい石粒(砂)をアクリルで

コーティングした製品で、ジンカリウム

鋼板自体には、元々石粒はついていません。

石粒付鋼板と言う事もあります。
ガルバリウム鋼板の上に砂を

コーティングした製品もあります。
この材料の最大の特徴は、ガルバリウム鋼板より

長寿命で50年の耐用年数があるとメーカーは

言っています(保証は30年)

また雨音は石粒によって拡散されます。

ガルバリウム鋼板では、耐用年数が

少し足りない、雨音がしない屋根材をという

お客様に使用されています。

耐震対策もガルバリウム鋼板の屋根!
平板スレートの1/3。瓦の1/8の軽さ!

ロイヤルリフォームの
屋根葺き替え工事価格

品名メーカー工事金額メーカー
保証
  25坪30坪35坪40坪 

ダンネツ

トップ8-1

セキノ

興産

625,000円750,000円850,000円950,000円10年
横暖ルーフニチハ750,000円850,000円950,000円1,050,000円20年

ガルバ断熱

リーフ

アイジー750,000円900,000円1,000,000円1,150,000円20年

コロニアル

葺替

クボタ

松下

625,000円750,000円850,000円1,000,000円 

既存屋根の上に重ね葺き.雨樋交換工事
足場架設・下地処理・残材処分代は

含まれていません。

地震の揺れを軽減する軽さ。
屋根が軽くなると
家全体の重心が低くなり
地震による揺れを小さく出来ます
豪雨に・強風に耐える強さ。

推薦屋根材

オベロン

ガルテクト

瓦455

ダンネツトップ8&1
 

ケイミュー ルーガ
 

ケイミュー コロニアル

定評のある雨樋交換・板金加工工事

定評のある屋根棟換気と雪止め工事

      屋根の面積計算

屋根の面積は、家の面積

(建物の延べ床面積)をもとに

算出します。
坪数でのみ把握されている方は

下記の換算式を参考に平米数(㎡)を

お求めください。

(※すでに家の平米数を把握されている方は、そのまま【屋根の面積の概算計算式】へお進みください)

【坪数→平米数への換算式】
家の坪数×3.3=家の平米数(㎡)

家の平米数(㎡)が分かりましたら

屋根の面積を算出していきます。

【屋根の面積の概算計算式】
家の平米数(㎡)×勾配数値※

=屋根の平米数(㎡)

※勾配数値
・勾配があまりない屋根 ⇒ 1.05
・一般的な勾配の屋根  ⇒ 1.10
・勾配が少し急な屋根  ⇒ 1.20

算出例:1 家の坪数が25坪で、一般的な勾配の屋根
       25坪 × 3.3 = 82.5㎡
       82.5㎡ × 1.10 = 90.75㎡

算出例: 2 家の平米数が90㎡で

勾配が少し急な屋根
90.0㎡ × 1.20 = 108.0㎡

関連工事のホームページ

リフォームの対応地域

千葉県
柏・流山・松戸・
鎌ヶ谷・我孫子・
市川・印西・白井・
千葉・佐倉・成田・
習志野・八千代・
野田・船橋・八街・
四街道・冨里・
東金・市原・山武

茨城県
土浦・つくば・
つくばみらい・
取手・守谷・常総・
竜ケ崎・利根町・
牛久・河内・坂東・
阿見町・美浦村・
稲敷

埼玉県
三郷・八潮・吉川
東京都
足立区・葛飾区・
江戸川区