(有)ロイヤル工業

 〒277-0084 千葉県柏市新柏4-7-21

 ご連絡は8時から18時まで承ります

お気軽にお問い合せください

04-7169-4000

ロイヤル工業 藤代教会 工事

藤代教会工事説明

この度、工事が行われた藤代教会の

工事内容について説明致します。

足場からの転落などを原因とする労働災害件数が問題視され、

平成21年に改正された労働安全衛生規則。

約3年後に墜落・転落災害防止対策推進要綱が策定され、

平成27年にも再度改定されています。

しかし、死亡災害は減っていません。

足場組立基準について

足場の組立基準はなぜ決められている?

足場の組立基準は事後を防止する為に定められています。

足場における事故の大部分を占めるのは組み立てた後の

作業ではなく、組み立てや解体をする際の事故です。

足場を組み立てる為の足場は存在しません。

高所であるにも関わらず、支えてくれるものがない。

非常に不安定な状況での作業を余儀なくされます。

 

ただでさえ、危険を伴う足場の組立作業ですので、

監督者が現場で指揮を執りますが、監督する人間だけでの

基準で安全かどうかの判断をするのは非常にリスクが高いです。

 

そこで共通の指針として示されているのが

労働安全衛生規則です。

足場における労働災害・事故を無くしたいという

目指すべき未来に向かい、足場組立における基準を

定めています。

 

 

 

 

足場の組立基準として気をつけるべき
ポイントは?

労働安全衛生規則509条より:

509では足場に使用する材料について、

著しい損傷・変形・腐食・虫食いなどといった

安全性が担保されていない材料は使用しないように

規定されています。

作業開始前に必ず確認し、安全性が保てない材料は

使用しないように留意します。

作業前の安全点検も義務付けられています。

 

労働安全衛生規則563条より:

563条には、2mを超える高所でー側足場以外の足場を組む

場合の制限項目が示されています。

①足場は40㎝以上の幅にしなければならない

②床材の隙間は3cm以下にしなければならない

③床材と建地の隙間は12cm未満にしなければならない

移動式足場出ない場合、床材が崩壊しないように2つ以上

の支持物を取り付けなければなりません。

落下の危険を伴う場合は、高さ10m以上の幅木や

メシュシート、防綱を使用する必要があります。

これらは工具の落下防止や塗料の飛び火の防止処置です。

 

労働安全衛生規則564条より

564条では2m以上の足場の組立や解体、変更等の作業を

行う場合の規則が定められています。

①作業内容の周知徹底しなければならない。

②作業区域内への作業員以外立ち入りを禁止しなければならない。

③悪天候時には作業を中止しなければならない。

④足場材の緊結、取り外し、受け渡しを等を行う場合

(1)原則40㎝以上の作用床設置する。

(2)要求性能墜落防止用具の使用させる

⑤材料、器具、工具等の上げ下げをする際、

つり綱やつり袋等を使用させる。

⑥4の(2)を指示された場合必ず従わなければならない。

 

まとめ

今回は足場の組立基準について現行の労働安全衛生規則を

取り上げてポイントを説明しました。

 

リフォームの対応地域

千葉県
柏・流山・松戸・
鎌ヶ谷・我孫子・
市川・印西・白井・
千葉・佐倉・成田・
習志野・八千代・
野田・船橋・八街・
四街道・冨里・
東金・市原・山武

茨城県
土浦・つくば・
つくばみらい・
取手・守谷・常総・
竜ケ崎・利根町・
牛久・河内・坂東・
阿見町・美浦村・
稲敷

埼玉県
三郷・八潮・吉川
東京都
足立区・葛飾区・
江戸川区